犬の熱中症対策!!ワンコにタブー


犬の熱中症対策!!ワンコにタブー

【愛犬ちゃん・・これからの季節の熱中症対策】

犬の熱中症の原因

◎ 暑い日中、ずっと外で過ごしていた
◎ 暑い日中、外で興奮していたり、過度な運動で走り回っていた
◎ 暑い日に密閉された部屋にいた
◎ 暑い日中にアスファルトの地面の上を歩かせた(30度の気温の場合の犬の体感温度は60度である)

熱中症の症状はとは・・

:息が荒く、心臓がドキドキと脈も早い
:舌や口の中が赤い・舌がいる巻き上がって
:ハアハアと激しい口呼吸をする・ヨダレが出る・多い
:ボーとしてフラフラする
:起き上がれない・立てない
:ぐったりして、元気がない

熱中症が重篤化した場合の症状・・とは

:嘔吐、下痢
:吐瀉物に血が混ざる
:筋肉の痙攣や震え
:歯茎や、目の粘膜が白くなったり、青紫(チアノーゼ)が出る」
:意識がなくなる

熱中症の応急処置方法

【PINT】 日陰・水または氷・風
◎ 日陰や涼しいへ移動し、水を飲ませる(飲まない時は、無理やりしない)
◎ 体に水を掛ける風をあてる
◎ 氷のうや保冷剤で、頭、喉、お腹、脇の下、内ももを冷す 

応急処置が済んだら早く病院へ

熱中症はできるだけ早く治療を行う事が重要・・応急処置が済み次第
自己判断はしずに病院に受診しましょう。。

◎犬の平熱は、38度から39度で、大型犬の方が低い傾向である。
◎冷やしすぎも、注意しましょう。。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

猫の婿入り 里親のもとへ