猫の感染症 「猫エイズ」(猫後天性免疫不全症候群)とは ?


感染症は、猫にウイルスや寄生虫が感染して発症する病気です。

発症すると重症化の恐れもある猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)とは、どのような感染症なのでしょうか。

猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)

猫エイズに感染している猫は、猫エイズのウイルスを持つキャリアになります。

キャリアになってしまったから必ず症状がでるわけではなく、ウイルスが活動を始めることで発症します。

ストレスなく暮らせる環境を整えて、うまく付き合っていくことで、一生涯発症せずに過ごせるネコちゃんもたくさんいま
す。

猫の感染症 「猫エイズ」(猫後天性免疫不全症候群)とは ?

発症した場合の症状は、リンパ節の腫れ、口内炎、貧血、下痢や食欲不振など。

症状が進行することでほぼ100%に近い確率で死に至る怖い感染症です。

猫エイズになぜ感染するのか ?

猫エイズキャリアの猫に噛まれたり、傷つけられたりすることで感染してしまいます。

空気感染や接触感染はしません。

完全室内飼いであれば猫エイズに感染することはありませんが、外に出て猫エイズに感染している猫と接触してしまえば感染リスクは高まります。

母猫がキャリアだと、子猫もキャリアなの?というご質問をいただきますが、必ず感染するわけではなく、感染しないケースもあります。

猫エイズを予防するには

予防接種によって感染を予防することはできますが、基本的に猫エイズキャリアの猫に噛まれたり傷つけられたりしなければ感染はしません。

完全室内飼いであれば、ワクチンも必要ないと思いますが、外に出てしまうことがあるネコちゃんや、猫エイズのキャリアのあるネコちゃんと暮らすのであれば、ワクチン接種も検討する必要があります。
(接種が必要かどうかはかかりつけの獣医師さんとよく相談しましょう)

猫エイズの発症を予防するには

キャリアを持つネコちゃんが発症した場合、残念ながら猫エイズウイルスをなくす治療はなく、基本的には痛み止めなどの対症療法になります。

発症させないために重要なのは、ストレスのない生活を送ること。

清潔な環境、栄養のある食事、静かな落ち着いた環境でストレスなく過ごすことで免疫力をあげることができます。

D.C.キャッスルの集中ケアルームのご紹介

D.C.キャッスルには、猫エイズを患っているネコちゃんが暮らしている集中ケアルームがあります。

集中ケアルームの中でのびのび暮らしているネコちゃん達の様子を動画でご紹介しています。

猫エイズの他、猫の3大感染症と言われる

猫白血病(猫白血病ウイルス感染症)

猫パルボウイルス感染症 (または「猫汎白血病減少症」「猫ウイルス性腸炎」とも言われています)

についても解説しています。 ぜひご覧ください !

※ D.C.キャッスルでは、全国でも数少ないペット専門のケア施設を併設しております。
提携獣医師と経験豊富なスタッフの元、ワンちゃん・ネコちゃんの健康状態に沿ったケアをサポートしています。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

犬の熱中症にご用心 !症状の見分け方と予防の対策