愛猫・病気別・食事療法・キャットフードについて


愛猫の毎日のお食事・・食べたもので身体は作られ、健康が維持されます。
今日では、症状別のお食事が市販されていますが、どの様な事にどんなお食事を選別すれば良いかをお伝え致します。

猫の場合、便秘、下痢などの症状を消化疾患とまず考え消化サポートのお食事と考えますが、原因がアレルギーによって起こっている場合は、アレルギー食を使う等、症状と原因が違う場合があります。

愛猫・病気別・食事療法・キャットフードについて
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

腎臓病食

尿pHごアルカリ性傾向になるように調整されていたり、高タンパク質の調整もされている、又ミネラル成分の制限、アミノ酸で筋肉と血流のサポートもホローされたお食事
◎猫の病気で一番多い病気が腎臓病である。

下部尿路疾患食

ストルバイト尿石、シュウ酸カルシウム尿石、膀胱炎の原因となるリスクが最小限度になるように作られている。

皮膚疾患食

皮膚疾患が出る場合は、アレルギーで有ることが主に考えられます。猫は、本来肉食の為、穀物が原因でアレルギーを起こしている可能性が考えられます。穀物の調合がないお食事や食物アレルギーによる症状の改善の為に加水分解タンパク質を使用したもの等、それぞれのアレルギーの合わせたもの

人間と同じように体重管理が必要となります。低カロリー、低炭水化物、高タンパク質、高繊維質が基本となります

エイジングケア食物(高齢猫用食)

関節や腎臓機能低下、運動不足による肥満防止、抗活性酸素作用の有る栄養素(ビタミンC,E,ルテイン、タウリン、コンドロイチン、グルコサミン)を配合したもの
愛猫・病気別・食事療法・キャットフードについて

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

猫の婿入り 里親のもとへ