愛猫の猫かぜについて


愛猫の猫かぜについて
猫風邪の症状
ねこかぜには、正式に➊「猫ウイルス性鼻気管炎」と➋「カリシウイルス感染症」の2つが代表的です。
➊は、ヘルペスウイルス➋はカリシウイルスが病検体でこれらが、鼻や気管支、気道の粘膜に付着して増殖する事で体内で様々な防衛反応化がおこり体温を上げてウイルスの増殖を抑えようとしたり鼻の粘膜はヒスタミンを作る事でウイルを防御しようとします。このヒスタミンに鼻水の分泌腺が刺激され鼻水が過剰に分泌されて体内よりウイルスを出そうという働き行われているのです。。

猫風邪は完治しない

猫風邪は投薬治療によって症状を抑えることは可能ですが、完治することはありません。
これらのウイルスは、1度感染すると体内から完全に排除される事が出来ないく猫の体内に終生潜伏するからです。脳神経の1つの三叉神経に潜伏し猫の免疫力が下がると、再び活性化して症状が現れてきます。
活性化しても症状は出ない事もあり、くしゃみや唾液により感染します。とくに母猫から毛づくろい等を通して子猫に感染させてしまう事が少なくありません。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

猫白血病ウイルス感染症