犬の下痢の原因・危険な下痢の判断基準


犬の下痢の原因・危険な下痢の判断基準

犬の下痢の種類

*軟便・・・・ 形はあって掴めるが、水分が多く柔らかい便
       軟便の場合は大きな問題は無いことが多く、続くようであれば食事内容を見直すことで
       良くなる可能性が多い。対処法として、1日絶食して、観察をすると安定して来る可能性が多い

*小腸性下痢・・軟便や水の様な便で排便の回数は変わらない事が多いですが、1度に出る量が増える事が多い
泥状・水様便  下痢の症状が長く続くと体力の消耗品、体重減退、嘔吐等が伴うと重症化する恐れがある
        便の色が黒い場合は、小腸で出血して居る可能性がある。 病院へ受診

*大腸性下痢・・粘膜が混じった軟便が多い、排便の回数が増えて便をしたくても出ない、しぶりが起こる事が多
       い。大腸で出血して居る場合は、鮮血の赤い血便が出る。 病院へ受診

犬の下痢の原因

*食事・・・・・下痢の原因として1番多いのが食事です。食べ過ぎや脂肪分の摂り過ぎ、アレルギー等が原因だ     
       ったり、いつもと違う食事に変えたりした場合に起こりやすい。
       食事が原因の場合は、一過性の下痢ので有ることが多くアレルゲンを取り除きいつのも食事に戻    
       すことで治ることが多い

*ストレス・・・人と同じように、犬にもストレスによる神経性の下痢があります。引越しや環境の変化等
       様々な原因が引き起す場合があります。ストレス源を取り除いて上げましょう。

*ウイルスや細菌、寄生虫などの感染
       非常に注意しなくてはならない感染症で下痢興す、犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパー
       ウイルス感染症、コロナウイルス感染症(人のCOVID-19とは異る)等があります。

*大腸菌・サルモネラ菌・回虫・瓜実条虫症・便虫症といった寄生虫が原因で下痢になる事もあります。
この場合は、激しい下痢が数日間続き重篤な症状が出る事があるので直ちに病院へ受診して下さい

*病気・・・・・好酸球性腸炎・膵炎・消化器腫瘍・悪性リンパ腫(消化器系)・IBD(炎症性腸疾患)等の
        病気が原因で下痢が起きる

  ◎◎◎ 下痢は体力の消耗品が激しい為、3日以上続く様ならば病院へ受診をして下さい。 ◎◎◎

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

長期・生涯お預かり 犬舎改装中