暑い夏に注意したい犬の皮膚病


高温多湿の暑い夏は、ペットの皮膚トラブルが多くなる季節です。

今回は、犬の皮膚トラブルについてまとめてみました。

赤いブツブツや抜け毛の症状が出る膿皮症

犬の皮膚病の中でも多くみられる膿皮症。

皮膚のバリア機能や免疫力が低下することで、常在菌のバランスが崩れてしまい、一部の菌が極端に増えてしまい皮膚トラブルを起こします。

皮膚のバリア機能や免疫力が低下の原因はいくつかありますが、この高温多湿も原因の1つです。

膿皮症は細菌が表皮や毛穴に炎症を引き起こします。

発症した時の症状

  • ブツブツしたものができている
  • 赤みを帯びた発疹やかゆみを伴っている
  • フケがついている
  • 脱毛

症状に早めに気づいてあげることが大切です。

ワンちゃんがずっと体をかゆがったり、引っ掻く、舐める、噛むなどしている場合は、皮膚に何らかの異変がある可能性が高いので、全身をくまなくチェックしてみましょう。

夏の多湿と暑さは犬の皮膚トラブルの原因になります

近年は暑さが年々増しているように思います … そして高い湿度。

もともと犬の皮膚は人間と比べるととても薄く、毛で覆われていることもあり、皮膚自体のバリアも人間よりも弱いです。

そこに、高温多湿な状態では様々なバイ菌の温床に。

健康な皮膚を維持するためにも、被毛のケアは怠れません !

ブラッシングで皮膚を清潔に保ちましょう

日々のブラッシングや耳のケア、定期的なシャンプーがとても大切になります。

ブラッシングは、被毛のゴミや汚れ、下毛を取ることはもちろんですが、新陳代謝を促す効果も期待できます。

犬の皮膚病対策にブラッシング

オゾン浴・マグネシウム浴で皮膚の再生を活性化

ケア施設を併設しているD.Cキャッスルでは、肌の再生能力を高めるマグネシウム浴汚れをしっかりと落とし、毛穴をしっかりと洗浄するオゾン浴など、体質・症状に合わせて使用しています。

オゾン浴を取り入れた療法は、アトピー、アレルギー、感染症などの皮膚疾患アレルギーの治療に効果が期待できます。

消炎鎮痛効果もあるため、かゆみなどの症状も改善できます。

オゾン浴は、トリミングでもご利用いただけますし、根本的な皮膚トラブル改善のコースもご用意しています。

お気軽にご相談ください !

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

いつからお散歩できる ? 子犬のお散歩デビュー