猫のお留守番 事故やトラブルを防ぎましょう


出張やお出かけで、猫にお留守番をお願いする機会もあるかと思います。

猫は基本的には単独生活が好きなので、お留守番自体は得意な動物です。

猫のお留守番は何日くらいまでならOK?

猫は1〜2日程度のお留守番なら大丈夫と言われています。

しかし、これは環境が整っている場合のみです !

特に夏の暑い時期は室温の管理、食事の鮮度、新鮮なお水の確保ができる状態を維持できることが大前提。

猫のお留守番

衛生的にも良くない環境では、1日でも猫にとってはとても不快。

また、生後間もない時期、授乳期で1人でフードを食べられない時期の仔猫だけでの長時間のお留守番は避けてください。

猫のお留守番 注意したいこと !

新鮮な水をいつでも飲めるように充分に準備する

お水は自然に少しづつ蒸発しています。夏場だけではなく、冬場も乾燥しているので蒸発しやすい環境です。

また、倒してしまって全部こぼれてしまうことも考えられます。

1つだけではなく、少なくとも2〜3ヶ所、複数の場所にお水を用意してあげましょう。

自動給水器が安心ですが、お出かけ前から使用して慣れておくこと、お出かけ前に不具合がないかの確認もお願いします。

猫のお留守番

フードを充分に用意する

フードはウェットタイプよりも、変質しにくいドライフードが安心です。

大き目の器に多めの量を入れておく、またはタイマー設定で時間がきたら自動で餌やりをしてくれる自動給餌器、スマートフォンから遠隔操作できる給餌器などを活用するのもおすすめです。

こちらも、お出かけ前から慣らしておくことや、動作確認をお願いします。

清潔なトイレを準備する

きれい好きな猫は、汚れたトイレでは排泄をしたくないので我慢してしまうことも。

膀胱炎などにかかってまうこともあるので、清潔なトイレをできれば2つ以上(猫1匹の場合)用意してあげられれば安心です。

出かける前にはも必ずトイレ掃除をしてあげてください。

夏場は特に室温管理を忘れずに

閉め切った室内はかなりの高温多湿状態です。

猫が快適に過ごすお部屋に適したエアコンの設定温度は25~28℃。

冷房をかけっぱなしにして上手に活用してください。

猫のお留守番

また、注意したいのは少しだけ窓を開けたまま出かけてしまうこと。

器用な猫は、少しの隙間でも窓を開けて外に出てしまうことも考えられます。脱走防止のためにも、窓や扉はきちんと閉めてからお出かけしましょう。

誤飲防止 ! お出かけ前に室内をくまなくチェック

電気コードや充電に使用しているコードなどは、猫は遊んでいるつもりでも誤って感電したり誤飲してしまう可能性があります。

かじったりしないような対策が必要です。

また、「紐」や「輪ゴム」なども、遊んでいて飲み込んでしまうことも考えられます。

お出かけ前には、一通り家の中を確認して、危険かなと感じたものは引き出しの中などにきちんと閉まっておけば安心できます。

2日以上のお出かけなら、ペットホテルを活用 !

2日以上の長期間のお出かけ時には、ペットホテルの活用もご検討ください。

ペットホテルの利用時は、安全のためにも慣れるまでゲージの中で過ごす時間も多くなります。

初めての環境の中でも ゲージに慣れていれば安心できますので、普段からゲージにも慣らせておければ良いですね !

また、どのようなペットホテルがあるのか事前に調べておくことで、お出かけの際にスムーズに予約ができるのでおすすめです。

D.C.キャッスルの猫預かり
思い思いの場所でのんびり。D.C.キャッスルでお預かり中の猫ちゃん達
D.C.キャッスルは、長期のご旅行や、出張、おうちの建て替えの期間など、1泊2日から長期 ・ 一生涯までたくさんの猫ちゃんやワンちゃんを全国からお預かりしている日本最大級のペット複合施設です。

詳しくはこちらをご覧ください !
日本最大級のペット複合施設 D.C.キャッスル

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

ワンちゃんの咳・くしゃみ 犬も風邪をひくの ?