猫を飼っていたら気をつけたい ! 誤飲や家の中での事故から猫を守ろう


おうちの中での猫の事故で一番多いのは「誤飲」です。

おもちゃ、植物、輪ゴムや布 …

興味のあるものがあれば、ついつい口にしてしまう猫。

事前におうちの中の危険なポイントをチェックして、危険から飼い猫をしっかり守りましょう !

紐状のおもちゃや小さなパーツのおもちゃの誤飲

紐状のおもちゃは、長いまま飲み込んでしまうと腸閉塞になってしまう危険があります。

危険な症状は、嘔吐や食欲不振など。

そのままにしておくと、腸が壊死してしまうなど重篤な症状、また亡くなってしまうこともあります。

もし、おもちゃの紐が減っていることに気づいたり、紐を飲み込んでしまったかもと思ったら、迷わずに動物病院を受診しましょう。

また、小さなパーツがついているおもちゃや、毛玉ボールなどは、そのまま飲み込んでしまうことも考えられます。

こちらも腸閉塞や、腸に傷がつくことによる炎症などを引き起こしてしまう原因になります。

猫を飼っていたら気をつけたい ! 誤飲や家の中での事故から猫を守ろう

猫にとっては毒性のある観葉植物や花などの植物の誤食

植物やお花を飾ることが多いおうちでは、猫にとって危険な観葉植物や花を事前に確認しておくことが大切です。

中毒の危険性が高い植物もあり、周りに置かないことが何よりも予防になります。

また、切花を挿していた花瓶の水を飲むだけでも中毒症状を引き起こすこともあります。

危険な植物については、以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

「気をつけたい ! 猫に危険な植物と万一の時の対処法」

猫を飼っていたら気をつけたい ! 誤飲や家の中での事故から猫を守ろう

毛布やスポンジ、ペットシーツなどの日用品

遊んでいるつもりがいつのまにか口の中へ …

噛み心地が良いからか、一度口にするとボロボロになるまで噛み続けてしまい、布やウレタンのかけらを飲み込んでしまいます。

1度でも噛んでいるのを見つけたり噛んだ後があったら、すぐに片付けをした方が安心です。

また、飼い主さんが普段使用しているヘアゴム、小さなアクセサリーも猫にとっては充分な遊び道具になります。

夢中で遊んでいるうちにも飲み込んでしまう危険がありますので、出しっぱなしにはしないことが大切な予防になります。

猫をおうちの中の危険から守るには

おもちゃだけを与えて、ほったらかしにしておくようなことは避け、必ず見守りながら一緒に遊ぶようにしましょう。

また、遊び終わったらおもちゃはすぐに片付けましょう。

おもちゃだけではなく、口に入ってしまいそうな小物や、針などの危険な雑貨は必ず引き出しの中などにしまうようにしましょう。

猫を身近な危険から守れるのは飼い主さんだけです。

安全に楽しく暮らせる環境を常に整えてたいですね !

D.C.キャッスルは、長期のご旅行や、出張、おうちの建て替えの期間など、1泊2日から長期 ・ 一生涯までたくさんの猫ちゃんやワンちゃんを全国からお預かりしている日本最大級のペット複合施設です。

詳しくはこちらをご覧ください !
日本最大級のペット複合施設 D.C.キャッスル

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

猫がずっと後をついてくる時の気持ち