夏の猫のお留守番で注意したいこと !


暑い夏、猫だけでお留守番をしているご家庭もたくさんいらっしゃるかと思います。

心配なのは、昼間の気温の上昇です。

猫が熱中症にならないように、飼い主さんの対策が大切です !

エアコンを上手に活用

室内だからと安心はできません !

近年は、外気温35度以上の日も増えています。

外気温が30度以上になるとされる時には、エアコンでの室温管理が必要です。

夏の猫のお留守番

猫が快適に過ごすお部屋に適したエアコンの設定温度は25~28℃。

その他にも、直射日光を遮る遮光カーテンを使用したり、断熱シートを上手に利用するのも効果的です。

また、ペット用のクールマットなどを置く対策もしてあげましょう。

実は、扇風機だけでは熱中症対策になりません。

猫は汗をかかないので、風が当たっても涼しく感じることはありません。

でも、エアコンの冷気をお部屋に拡散させるために使用するのであれば効果的です !

タイマーは使わない

暑い時間だけと、タイマーを使用するのは避けましょう。

タイマーがきれた途端に室温が急激に上昇してしまうこともあります。

猫だけでお留守番をさせる時には、エアコンのタイマーは使わずに連続運転でお願いします。

自由に室内を動けるようにしておく

猫は自分の過ごしやすい場所に移動して暮らします。

暑いなと感じれば冷たい場所で寝転び、ちょっと涼しいなと感じれば、他のお部屋でくつろぎます。

充分に安全には配慮したうえで、なるべく部屋のドアを開けておいてください。

扉が勝手に閉まってしまわないように、ストッパーで固定しておけば安心です。

ドアストッパー

また、お出かけ前にどこかに閉じ込められたままになっていないか所在確認も忘れないようにしましょう。

クローゼットなどは要注意です !

お水を複数箇所に置いておく

脱水は、熱中症を引き起こす要因の1つです。

脱水症状にならないように、新鮮なお水を複数の場所に置いてあげてください。

猫は元々、あまり水を飲む習慣がありません。(先祖は水の少ない砂漠に住んでいたため)

飼い主さんは帰宅したら、水の量が減っているか、おしっこはしっかり出でいるか、普段と違った様子がないかなどの確認を !

参考記事 : 猫の熱中症にご注意 ! 注意する症状と予防の対策

エアコンを効果的に使用しながら、脱水を防ぐ対策をして、暑い季節を元気に乗り切っていきましょう。

D.C.キャッスルは、長期のご旅行や、出張、おうちの建て替えの期間など、1泊2日から長期 ・ 一生涯までたくさんの猫ちゃんやワンちゃんを全国からお預かりしている日本最大級のペット複合施設です。

詳しくはこちらをご覧ください !
日本最大級のペット複合施設 D.C.キャッスル

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

猫がずっと後をついてくる時の気持ち