猫カゼを予防するために飼い主さんができること


咳、鼻水、くしゃみ、目やに …

猫にそのような症状が頻発したら、もしかしたら「猫カゼ」にかかってしまっているかもしれません。

猫カゼの症状

猫カゼは、人の風邪のような症状が出る猫の病気です。

代表的な症状は

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 涙・目やに

発熱することや、鼻水・鼻づまりが続くと、食欲不振になったりしてしまうことも。

健康な成猫であれば猫風邪が命に関わることは少ないとは言われていますが、子猫や免疫力の落ちている高齢の猫ちゃんは特に注意が必要です !

症状が悪化することで、軽度の肺炎、多発性の関節炎、ウイルス性鼻気管炎などを併発する可能性もあり注意が必要です。

猫カゼを予防するには ?

猫風邪の主な原因となるのはヘルペスウイルスやカリシウイルスというウイルスです。

ウイルスに感染しないために、定期的に混合ワクチンを接種しておくことが大切です !

猫風邪予防にワクチン

ワクチンは感染を100%予防するものではありませんが、なるべく感染させない、そして感染したときに最大限症状を抑えるためにも大切です。

また、多頭飼育の場合は、1頭が感染すると他の子にもすぐに感染してしまいます。

獣医師の指示に従いながら、一定期間は隔離したほうが安全です。

お部屋の中は乾燥させすぎない

特に冬場などは室内の乾燥に注意します。

湿度を高めに(60%程度)保ってあげることで、猫風邪の予防にもなりますし、万一かかってしまっても症状が落ち着きやすくなります。

D.C.キャッスル猫舎の加湿器

D.C.キャッスルの猫舎でも、加湿器で常に湿度を調節しています。

また、秋・冬はお水を飲む量が減ってしまう猫ちゃんが多くなります。

理由は様々で、猫にもよりますが、流れがあったほうが水分補給してくれる傾向があります。

猫用自動給水機は、フィルター付きで常に水の新鮮さを維持できるので、お水を飲む量が少ないなと感じたら使用を検討してみることもおすすめです !

猫用自動給水機

猫カゼについてのまとめ

くしゃみや鼻水が気になったら、早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

特に、免疫力が低い子猫や老猫は、猫風邪が重症化しやすいので注意が必要です。

おうちでは、保温、保湿などの環境にも気をつけて、悪化しないように注意しましょう。

また、猫風邪が人にうつることはありませんが、人を介して他の猫ちゃんにうつってしまう可能性はあります。

飼い主さん自身も消毒をする、外猫をむやみに触らないなど気を付けましょう !

D.C.キャッスルは、長期のご旅行や、出張、おうちの建て替えの期間など、1泊2日から長期 ・ 一生涯までたくさんの猫ちゃんやワンちゃんを全国からお預かりしている日本最大級のペット複合施設です。

詳しくはこちらをご覧ください !
日本最大級のペット複合施設 D.C.キャッスル

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

気をつけたい ! 猫に危険な植物と万一の時の対処法